研究会
Workshop

越境する英語教育 −東京海洋大学・津田塾大学の視察から−

立命館大学政策科学部の教育GPプログラム「学びのカフェテリア」は、正規授業時間の制約を超えた自主的で柔軟な学びの実験を通じて、学士課程教育の新たな可能性を模索しています。フィールドスタディの展開、情報処理スキルの向上などと合わせて、外国語(英語)教育の刷新はこのGPプロジェクトの重要な課題と位置付けられています。そこで2009年2月に先進的な英語教育を行っている東京海洋大学と津田塾大学でヒアリング調査を行いました。その結果を広く学内で共有するため研究会を開催しました。

>> 詳しくはこちら <<